FAQ よくある質問

QUESTION 不動産の売却を依頼した時には、どのような費用がかかりますか?

不動産売買に関しては、成功報酬として仲介手数料(最大で成約価格×3%+6万円に消費税を乗じた額)を頂戴いたします。物件調査や机上査定、訪問査定や売却に向けたご相談に関しては一切費用は発生しませんのでご安心ください。※売買契約に伴う諸経費(測量費・解体費・抵当権抹消費用・印紙代など)に関してはご契約条件により別途必要になります。
売買契約が成立するまでは一切費用がかかりませんのでお気軽にご相談ください。

QUESTION 不動産の買取の入札方式とはどのような仕組みなのですか?

当社の不動産買取額にご満足いただけなかった場合は「入札方式」をとることが可能です。
入札に際しては、当社と提携している不動産買取会社から、お客様ご所有の不動産の地域、物件形状に得意な会社を3~10社程度ピックアップいたします。そのうえで各社の担当者が不動産を見学し、各社が最終的な買取額を提示いたします。「できるだけ早く、でも少しでも高く売却したい」際にとても有効な方法です。

※入札での売却の場合は当社が仲介会社となります。

QUESTION 相続で取得した物件を売却する時には、どのような手続きが必要ですか?

相続によって不動産を取得するのは、自分一人だけとはかぎりません。兄弟など他に法定相続人がいれば遺産分割協議を行い、所有者を特定してから登記することが必要となります。相続登記に期限はありませんが、相続登記を行わないと売却ができないので、売却を考えている場合は早めに手続きを行うことをおすすめいたします。その後は普通の不動産を売却する場合の流れと同じです。所有者となった相続人が売主となり、不動産業者と媒介契約を交わし、売却に向けて手続きを進めていきます。

QUESTION 住宅ローンの残債があっても、不動産売却はできますか?

はい、可能です。
ただし、基本的には売却完了時に、住宅ローン全額を一括返済しなければならないという条件がつきます。事前に住宅ローンの残債が抹消できるかどうかの確認が必要ですので、住宅ローンの返済予定表(償還表)を用意してご確認ください。
また、自宅を売却した金額では残っている住宅ローンが返済しきれない場合、残債を含めた買いかえローンを利用して売却する方法、任意売却として金融機関と残債の扱いについて相談して進めていく方法もございます。
不動産売却時に利用できる各種税制の優遇制度もございますので、詳しくはお問い合わせください。

QUESTION 査定価格より売値を高く設定しても良いのでしょうか?

査定価格は、あくまで売却が可能だと思われる予測価格にすぎません。タイミングによっては査定価格を上回る価格でのご成約になることもございます。なので、売出当初の一定期間、査定価格より高い売値で売却活動を行うことは問題ありません。当社ではお客様の希望売却価格をチャレンジ価格として、2週間から1ヵ月程度の期間をかけて売却活動も行っています。ご希望がございましたらお気軽に仰ってください。

QUESTION 不動産会社はたくさんありますが、安心して相談できる会社をどうやって判断すればいいのでしょう?

簡単に回答できない非常に難しい質問です。
強いていうならば、まず売却希望・購入希望どちらであっても、お客様ご自身とその不動産会社の間で信頼関係を築けそうか否かが最も重要だと思います。
物件の担当者本人と直接会って、いろいろと話をしてみて、お客様ご自身が信頼できると感じた担当者にお任せすることが一番良いと考えられます。世の中の不動産会社には大企業から中小零細企業とさまざまな会社がありますが、一番大事なのは会社の規模やブランド力ではなく、最後は人です。お客様自身が信頼できる担当者を見つけてください。
お客様の希望を聞かずに、自身の都合や売上だけを優先するような担当者や、会社や自身の実績ばかりを誇張するような担当者は、敬遠した方が良いかもしれません。

QUESTION 不動産会社によって査定額は異なりますか?

会社によって査定額が異なることは多々あります。
一般的に大手不動産会社ほど、査定額を高値で出す傾向があります。しかし、査定額が高ければ高い値段で必ず売れる、もしくは必ず高い値段で売る自信があるとは限りません。相場より高い査定額を鵜呑みにしてしまうと、売却を遅らせる可能性などもあり、一概に高い査定が良いとはいえません。
対象物件のエリアを熟知していて、適正な相場を説明したうえでチャレンジできる価格帯をしっかりと説明することができる営業マンを選ぶことが重要なポイントです。

QUESTION 複数の会社に査定をしてもらったのですが、査定額が各社で違うのはなぜでしょう?

まず最初に、「査定価格=売れる価格」ではありません。
査定価格は、各社が相場、成約事例などを基に算出した価格ですが、同時に「この価格で買主を連れて来るようにがんばります」という各社の提案価格です。特にネットの一括査定サイトを利用すると、複数社が売却依頼をとるために競合するので、他社に負けないように少しでも高い価格を提示して売却の依頼を受けたいという心理が働くのも事実です。どこに依頼するかは各会社の担当者とじっくり話をしたうえでご判断ください。

QUESTION 売却依頼をして売れなかった場合はどうなりますか?

不動産が売れない場合は必ず原因があります。ほとんどの場合は、価格設定が原因です。稀に近隣住民や心理的要因も影響しますが、価格設定で解消することができます。
現在の市況や物件情報を見直して原因を詳細に分析し、売却価格を下げる必要があります。それでもまったく売却が進まない際には、不動産業者による買取で進めます。
当社が自社買取も行いますので、詳しくはお問い合わせください。

QUESTION 土地の高低差や地形は売却額に影響しますか?

影響します。傾斜地より平坦地、不整形地より長方形や正方形、私道より公道に接している土地、道路に対して間口が狭いより広い土地の方が良いとされています。その土地の状態によって、売却額に必ず影響を与えます。同じ広さでも土地の形状によって価格は大きく異なりますので一度ご相談ください。

QUESTION 売却の際に家の設備などで壊れているものなどがあれば修繕した方が良いですか?

無理して修繕する必要はありません。しかし、売却後のトラブルを避けるために確認できている不具合や故障個所に関して、事前に不動産会社へお知らせください。
時々、リフォームしてから売った方が高く売れるのではないかとお考えになるお客様もいらっしゃいます。しかし、リフォーム費用をかけた分高く売却できることはお約束できないので、資金によほどの余裕が無い限り、現況のままでの売却をおすすめいたします。

QUESTION 急いで売りたい場合はどうすればいいですか?

急いで売却したい場合は、売却価格との折り合いが必要ですが、手間をかけずに早く売却するためには不動産会社に買い取ってもらうことが一番です。
一日でも早く不動産を売却したい、すぐにでも現金化したい場合、早ければ1週間以内に現金化することも可能です。その場合、物件種別や状態によって変わりますが、一般的には相場価格の4~7割程度の売却価格になるといわれています。
一般エンドユーザーに向けて売買する場合、一般的には2ヵ月~6ヵ月程度かかるといわれていますので、お客様の状況によってご選択ください。

QUESTION 相続した不動産の売却のタイミングは、相続前と相続後どちらが良いですか?

相続後、3年以内に売却することをおすすめします。
「相続税の取得費加算の特例」という制度があります。これは、相続により取得した土地・建物などを、相続税の申告期限の翌日以後3年以内に譲渡した場合には、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算することができるというものです。つまり納めた相続税を、不動産を売った際の経費(取得費)として認めるという制度です。この制度により、相続後3年以内であれば、相続前より相続後に売却した方が税金がお得になります。
売却するタイミング、相続した不動産により税金が異なったり、他に使える税制の優遇措置などもありますので、詳しくはご相談ください。

QUESTION 遠方に住んでいるのですが、不動産の売却をお願いすることはできますか?

ご売却を依頼される不動産が当社取扱エリア内(神奈川県内・東京都内)であればお任せいただけます。
当社では、ご依頼主様が遠方にお住まいの物件も多くお預かりしています。ご相談や査定、ご報告などはメールやお電話でのやりとりで十分対応可能です。
当社がしっかりとサポートいたしますので、安心してご依頼ください。

QUESTION 売却して新しい家に住替える場合はどんな流れになりますか?

ご売却とご購入のタイミングをそろえるのはとても難しいことです。特に新築住宅を購入の場合は入居までの時間が長くかかるので、すぐに売却してしまうと仮住まいをすることになりますので注意が必要です。しかし、逆に入居前になってから売却しようとすると、想定よりも販売価格を下げることになったり、売却できずに購入代金が払えないということも考えられます。
当社ではお客様ごとのご事情をしっかりとお伺いし、最適な売却プランやスケジュール、資金計画などを提案させていただきます。納得いくまでご相談ください。