BLOG ブログ

横浜市神奈川区古家売却 相談事例

なかなか売れない神奈川区の古い家。費用をかけずに早期売却する方法は?

ご相談者様は、ご高齢のご夫婦。
ご夫婦が高齢者用施設に入居するための費用をねん出するために古家付きの土地を売り出していました。
しかし、なかなか売れずに約1年が経過したので、ご所有物件の地元にある弊社へご相談にいらっしゃいました。
なかなか売れないこの物件を、費用を掛けずに早く売りたいとのご希望です。

神奈川区の古家付き土地を売却するための課題

物件調査をした結果、建物は築後約50年を経過しており、経年劣化が激しく居住するためには相当なリフォームを要することが判明。さらに測量も未実施で、隣地への越境もあるため、一つづつ課題を解決していく必要があることを報告。

ご提案

ご相談者様は、高齢者用施設の入居費を確保するためにできる限り売却に費用を掛けたくないご意向でしたので、現況での売却をご提案。しかし、現況の建物や敷地状態では個人のお客様へは難易度が高くご売却は難しいため、不動産業者による買取りをご提案いたしました。個人のお客様に売却できるであろう相場価格よりかは低くなってしまいますが、その分、売却後の手間や保証やリスクが何もないことをご理解いただきました。

解決

不動産業者による買取りと言っても、各社得意エリアや得意分野があるので、買取額も様々です。
今回は弊社地元の神奈川区で丘陵地に強い建売業者様が一番の高値かつ好条件でご購入を決めて頂けましたので、想定よりも良い結果となりました。
懸念していた、土地の測量や越境の解消、建物の解体等、すべて買主業者様の負担にて行う事で合意をいただけたので、ご相談者様の実質的な負担額は仲介手数料のみで済み、無事に予定していた高齢者施設の入居費用も確保できました。