BLOG ブログ

プロパンガスと都市ガスの違いってなんだろう?

ガスの違いってなに?

プロパンガスと都市ガスってそもそもガスの原料が違います。

都市ガスは天然ガス・プロパンガスは液化石油ガスというところが一番の違いになります。他にもいくつかの違いがございます。

・災害時の復旧の速さ

・料金形態

・供給方法

・ガスの重さ

このような違いが見つかります。

料金ってそんなに大きく違うの?

都市ガスはプロパンガスに比べて料金が安く、プロパンガスのほうが約1.6倍ほど高いといわれています。また、プロパンガスは会社によって金額が大きく異なるので、料金を高く設定しているガス会社だと1.6倍よりもさらに高額になることがあります。

月額の料金を比べてみると、ファミリーで約5.000円程都市ガスの料金のほうが安いのがわかりました。これって大きいですよね。

最近では、プロパンガスの賃貸物件で追炊き機能が付いている物件もございます。追炊き機能を使うことによってガスを使用するので、より料金面で大きな差が生まれてしまいます。

こういった情報もネットで検索できるようになりましたので、最近はプロパンガスの料金も少し安くなっている傾向にあります。

プロパンガスも悪くはありません。ガス代が高いのがわかっていますから、家賃が安く設定されていたり、災害には強いといわれています。

また、電力を使ったオール電化の物件も増えてきました。

電力やガスの自由化の影響もありますね。