BLOG ブログ

不動産売却の流れ

不動産売却の流れと注意点

不動産の売却を考えたときに、どのような流れになるのかわからない方も多いと思います。
不動産売却を検討する際の注意点と、査定から引き渡しまでの一般的な流れを把握しましょう。

①先ずは査定を依頼し、相場を把握しよう!

不動産会社にご所有不動産の査定を依頼しましょう。
どのような不動産会社に依頼するべきかわからない時は、近隣エリアの大手仲介会社1社、地元の不動産会社1社、そして弊社株式会社レイにご依頼いただければ十分です。
手間を掛けたくない際には、一括査定サイトを利用する事も一つの方法です。
ただし、一括査定サイトから提案される査定額は、高額査定になりやすいのでご注意ください。
※各不動産会社が高額な広告費を支払い査定サイトに登録しているので、売却案件を取得するために必死なので、希望的高値査定額を提示することが慣例となりつつあります。

②不動産会社を決める

複数社からの査定額を見て、相場を理解したら、売却を依頼する不動産会社を決めます。
どのような不動産会社が良いかが一番の悩みどころです。
売却開始価格は、依頼者である皆様が決めることが出来ますので、査定額が低い高いはあまり気にせずご検討ください。
一番大事なのは、不動産を売却するために一生懸命に動いてくれそうな担当がつくかどうかです。
会社の大きいや小さいは関係なく、誰がどのように動いてくれるか、その担当者が信頼できるかに重きを置くことが良いと思います。
また、不動産会社は仲介手数料が貰える可能性を高めるために、専任媒介や専属専任媒介をすすめてきます。
しかし、少しでも迷ったり悩んだりするようでしたら先ずは一般媒介契約が良いと考えられます。

③お客様のご見学(内見)

売却活動が開始すると、不動産会社がお客様を連れて見学しに来ます。
内見日時が決まったら、その日に向けてお部屋内は綺麗にしておきましょう。
内見時は各お部屋の電気をつけて、出来るだけお部屋を明るく見せるようにしましょう。
少し、気になるかもしれませんが押し入れやクローゼットの中も見られていいようにしておくことがベストです。

④売買契約を行う

売主様と買主様の条件が合えば、売買契約を行う流れになります。
その際には買主様の資金繰りも問題ないか確認をしておきましょう。
契約内容の詳細条件は担当者と具体的にまとめる必要があります。
契約時には手付金を受け取りますが、お引き渡しに至らないかった際には返金する可能性もあるので、お引き渡しが済むまではしっかりと保管しておきましょう。

⑤お引き渡し

買主様の資金繰りが確定したら最終代金をお支払いいただきます。
同時に物件のお引き渡しと所有権の移転登記を行います。
お引き渡し時までには、お部屋の中を空にしておきましょう。

不動産売却での注意点

①売却査定額で必ず売れるとはかぎりません
②売却には諸費用や経費がかかります
③所有権移転の際には住宅ローンの完済が条件になります
④住宅ローン特約の内容や日付に注意しましょう
⑤契約内容の特約条項はしっかりと確認しましょう

不動産は売却したいと思ったからと言ってすぐに売却できるものではありません。
権利関係や物件情報の整理や近隣調整等が必要な場合も多々あります。
先ずは、ご売却をご検討された際に弊社へお問い合わせ下さい。
株式会社レイでは、横浜市川崎市の不動産売却専門店としてスペシャリストを目指しております。
皆様の大事な資産をより良い条件でご売却するように最善を尽くします。
ご不安な点やご質問事等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。