BLOG ブログ

不動産仲介と買取りの違い

不動産仲介と不動産買取りのちがいとは

不動産の売却方法として、仲介と買取りの2種類があります。
売りたい物件や条件によって、メリット・デメリットがあり、売却の流れも異なります。
不動産仲介とは、不動産会社が売主と買主の間に入り売買契約をまとめる事です。
売買契約が成立すると、報酬として仲介手数料を頂戴いたします。
不動産買取りは、不動産会社が直接買い取る方法です。
広告営業や販売活動をすることなく、仲介より短期間で売却する事が可能です。
買い取った不動産をリノベーション等を施し、付加価値をつけたうえで再販売し利益を作ります。
不動産を売却する際には、以下のポイントに注意して、それぞれの違いを理解してから売却方法を決めましょう。

不動産仲介のメリット・デメリット

不動産仲介のメリットは、市場流通価格の前後で売却できることです。
駅近物件、築浅物件、特徴のある物件等なら、より高値で売却出来る可能性があります。
しかし、買主様を探して案内して条件を整理して、住宅ローン等の資金繰りを行うので、売却まで時間を要します。
いつまでに確実に売却できる、この金額なら確実に売却できると断言できません。
時間がかかっても良いので、少しでも高い金額で売却したい場合は仲介を選びましょう。

買取りのメリット・デメリット

買取りの相手は不動産業者がメインです。
その為、即現金化することが可能です。
住宅ローンの支払いが困難、相続した不要な不動産を今すぐ手放したい、いつまでに売却しないといけない、近所の人に知られたくない等、売却速度が必要な際には買取りが便利です。
同じく、一切の手間を掛けずに売却したい、費用をかけないで売却したい、売却した後の保証等もしたくない等の場合も買取りをおすすめいたします。
また、築年数が古い、権利関係が複雑、立地条件が悪い等で買い手が見つかり難い物件も買取りにむいています。
しかし、不動産業者が買取り、再販売することが前提の取引なので、売却価格は市場相場より低くなります。

選び方のポイント

先ずは、ご所有者様でいつまでに売却したいか、しなくてはいけないかをお決めください。
売却期間に余裕があるなら、仲介で売却を開始することがより高値での売却が望めるので良いかと思います。
ただし、内覧の対応ができない等、一般販売に向けて動くことが出いないようなら仲介はお勧めできません。
一定期間、仲介で販売活動をして、買い手が見つからなければ買取にするという事も可能です。
そのような買取保証がある不動産会社も複数ございます。
すぐにでも現金化したい、すぐ手放したい、一切の手間を掛けたくないとの思いが決まっていらっしゃるのなら買取り一本でご検討ください。
弊社では、不動産売却査定を随時承っております。
「仲介が良いのか、買取りが良いのか?」と言ったご相談も絶賛受付中です。
横浜市・川崎市での売却を専門に行っている株式会社レイへ是非ご相談ください。
必ず、皆様にとってより良いご提案を準備致します。
ご不安な点やご質問事等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。