BLOG ブログ

土地の売却は古家付き?更地?どっちが有利?

古家のある土地を売却するときに悩むこと

土地や不動産売却を考えたときに、より良い条件で売却するためにどうすればよいのか必ず悩みます。
最近は、古家付きの土地を売却する際に、古家付きの現況のまま売却するのか、それとも建物を解体して更地にしてから売却するのか、どちらが良いのか悩まれているお客様が増えていらっしゃいます。
今回は、古家付きの土地を売却する際のポイントについてご紹介いたします。

古家付きの土地売却のほうがお得?更地売却と比較してみましょう。

古家付きで売却するメリット

古家付き土地とは、土地上に古家が建っている状態の物件です。
買い手側見れば、土地と建物がセットになっており、その建物が使えるなら後から建物を建てる必要がないため、資金の節約につながります。建物のリフォームやリノベーションが必要な場合も新築で建物を建てるより安く済む場合がほとんどです。
また、売り手側から見ても売却費用を安く抑える事がメリットとなります。
建物を解体せずに土地を売却できるため、解体にかかる費用と時間を大きく節約できます。

更地で売却するメリット

土地を更地で売却するメリットは、買い手が見つかりやすくなる事です。
買い手側から見れば、更地の購入は自由度が高く、住宅用地や駐車場やアパートなどとして利用することが出来ます。
更に、敷地の全体像を把握することが出来るので建築する建物のイメージもつきやすくなります。

土地売却のポイント

それぞれメリットがありますが、古家付き土地で売却する場合には瑕疵担保責任(契約不適合責任)に注意しましょう。
瑕疵担保責任(契約不適合責任)が設定されている物件の場合、売買契約成立後に物件の欠陥や不具合が見つかると売主の責任として補償する必要があります。トラブルを避けるため、売買契約の際に契約書の内容をしっかり確認しておきましょう。

まとめ

古家付きの土地を売る際には、建物を残したままか更地にするかを選ぶことになります。それぞれメリットやデメリットがありますますが、先ずは不動産売買専門の不動産業者へ相談したうえで自分たちにあった売却方法を選びましょう。
弊社株式会社レイでは、ご売却の検討段階のご相談から売却価格査定も常に無料で行っています。
初めての売却では、不安や疑問が沢山ありますが、どんな事でもお気軽にご相談ご質問ください。
皆様にとって最良のご提案が出来るよう最善を尽くします。