BLOG ブログ

家を購入する前に知っておきたい全知識①~購入までの流れ~

住宅購入の基本的な流れと注意点

新年明けましておめでとうございます。
新しい一年がスタートし今年は「家を買いたい」と考えている方の為に是非参考にして頂ければと思います。
多くの方にとって「家を買う」ということは、人生での大きなイベントです。夢の実現で嬉しいことはありますが、大きな買い物であるだけに正しい知識を身につけておきたいものです。

今回は【家の購入までの流れ】をご紹介していきます。
新築住宅も中古住宅も、一戸建てマンションも以下の流れが基本になります。
但し、状況に応じて変わってくることもあるため、常に以下の通りになるわけではないことを理解しておきましょう。

①資金計画・購入する住宅のイメージの検討
・購入したい住宅の検討(新築か中古か?一戸建てかマンションか?)
・資金計画の検討(貯蓄・住宅取得資金の贈与の有無・借入する住宅ローンの金額など)
・購入時期の検討

②情報収集で相場を知る
家には「一戸建て」「マンション」があり、それぞれに新築と中古があります。取り扱っている業者もハウスメーカー、工務店、不動産仲介業者などたくさんあります。
どんな物件がいくらで手に入るのか、情報収集をしてみましょう。
~情報収集の方法~
・不動産会社のチラシ
・ハウスメーカーのCMやホームページ
・住宅情報誌
・フリーペーパー
・新聞の折り込みチラシ
・物件の見学(不動産会社の案内、モデルルーム、オープンハウス、展示場など)
・不動産検索サイト
・実際に資料請求を行う
・リフォーム予算の検討
などがあります。
まずは手軽なところとして不動産検索サイトで探してみましょう。地域や住宅の種類(一戸建て・マンション)、希望の予算などの条件を入力するとそれに合った物件が出てきます。これでだいたいの予算や住まいの大きさなどの相場をつかみましょう。

③気になったところへの問い合わせ
情報収集をして気になった物件があれば、業者に問い合わせをします。

最初はメールがおすすめです。電話で問い合わせをすると営業マンのセールストークに圧倒されて断りきれなくなるので注意してください。「今は情報を集めているだけなので…」と断る勇気を持つことも大切です。現地説明会や住宅展示場などには積極的に出向いて行って、実物の住まいを見るとイメージがわいてくるのでおススメです。

④購入申し込み
営業担当の説明を聞き、物件が決まったら購入の申し込みをします。新築マンションや建売住宅などでは、同じ物件を他の人も購入を希望している場合があります。そこでまず自分が購入する意思を伝えるのが「購入申し込み」です(申込書の提出)。このときに「申込証拠金」が必要になるケースがあります。これはあとで支払う「手付金」の一部に充当されるもので、金額は2万円~10万円程度です。

もし契約が成立しなければ返金されます(返金される旨を記した預かり証を発行してもらいます)。

⑤住宅ローンの事前審査(仮審査)
物件が決まると住宅ローンを「どの金融機関で」「いくらの金利で(変動金利か固定金利かといった金利のタイプ)」「いくら借りるか」を決めます。そして事前審査を受けることになります。事前審査は金融機関が「この人にお金を貸して大丈夫か?」ということを調べるもので、
・年齢
・勤務先
・年収
・勤続年数
ご家族様と収入合算で購入する場合は購入する方全員の情報をご提示頂きます。
などをもとに審査します。

⑥重要事項説明書での契約の確認
事前審査に通ったら、売主である業者から「重要事項説明書」を見ながら説明を受けて契約内容の確認をします。契約書には工期や引き渡しの時期、請負代金の総額や税額、支払い金額などが書かれています。見積書や設計図面なども打ち合わせ内容と異なっていないか確認しましょう。

⑦契約
いよいよ契約書を交わします。「不動産売買契約書」と呼ばれるもので、このときに手付金を支払います。手付金は物件価格の約5%~10%とされていますが、事前に業者と話し合っておきましょう。

なお、契約書を交わして手付金を納めてからは解約ができません。万が一解約する場合は違約金が発生することがあるので注意しましょう。そうならないためにも重要事項説明書や契約書の中身はよく確認することが大切です。

⑧住宅ローンの申し込み
物件の売買契約が済んだら、次に住宅ローンの申し込みをします。このときに必要になるものは以下の通りです。

・本人の確認書類(免許証やパスポートなど)
・収入に関する書類(源泉徴収票や住民税課税証明書、自営業者の場合は確定申告書や納税証明書など)
・物件に関する書類(不動産登記簿謄本、住宅地図、公図、建物図面など)
・他の借入に関する書類(自動車ローンやキャッシングなどがある場合はその返済明細書など)
・印鑑証明書
など。

これらの必要書類をそろえて住宅ローンの申込書に必要事項を記入、押印すればあとは不動産業者の担当者が金融機関に提出して手続きをしてくれます。審査が通るまでは通常は10日ほどですが、場合によっては1ヶ月近くかかることがあります。

⑨融資の実行
無事に審査が通ればお金が振り込まれます。このことを「融資の実行」と言います。このお金で物件費用を支払うわけですが、現実には自分がお金を引き出して業者に現金で手渡すのではなく自分の口座から業者の口座に振り込まれます。このことを「残金の決済」と呼びます。また、このときに印紙税や登記費用などの諸費用も支払います。融資の実行、残金の決済と同時に「抵当権の設定」も行われます。

⑩建物の確認と引き渡し
物件の費用や諸費用を支払ったら、晴れて自分の家になります。業者と一緒に家に行って、確認をします。ここでは水道、電気、ガスなどのライフラインが機能しているか、設備関係の不備がないか、内装のクロスや壁、床などに傷がないかどうかなどの最終チェックを行います。何かあればすぐに対処してもらいましょう。設備の使い方の説明も受けます。

そして、鍵を受け取って引き渡しとなります。都合のいい日に引越しをすれば、念願のマイホームに住むことができます。

宅購入の流れをある程度、イメージできましたでしょうか。実際に物件探しや契約と進んでいくなかで、わからなくなってくることも多いですから、たまにこのページへ戻って基本を確認することも忘れないでおきましょう。