BLOG ブログ

住宅ローンが支払えない時

住宅ローンが払いえない時の対処方法

今月はギリギリ、来月は住宅ローンが払えない。これからどうやって住宅ローンを支払っていけばよいの?
コロナの影響で住宅ローンの相談件数が増加中ですので、こちらで一例をご説明いたします。

住宅ローンを組んでいる金融金へ相談

先ずは、借入先の金融機関に相談してください。
支払方法の変更、支払金額の減額、ボーナス払いのスキップ等、コロナで支払いに困窮している方々へ、金融庁からのお達しもあり各金融機関は柔軟に相談に乗ってくれる体制が出来ています。支払わなくなる前に先ずはご相談してください。

住宅ローンを借り換える

現在でも旧住宅金融公庫の高金利で住宅ローンを借り続けていらっしゃる方がいらっしゃいます。
現在は0%台で変動金利の借り入れが可能ですので、状況によっては毎月の返済額を減額することが可能です。
現在の借入金利が1%台後半の金利で借り入れされているようでしたら、借り換えの相談価値はあります!

任意売却で売却を進める

任意売却とはご自宅の売却後も住宅ローンが残ってしまうので、金融機関の許可を得てから売却をすることです。
売却金額で住宅ローンを一括返済できない場合はこの任意売却の方法をとります。
売却後に残った債務は金融機関と相談して返済額が決まりますので、大幅に毎月の負担を軽減させることが出来ます。

自己破産という選択

住宅ローンが支払えないから自己破産をするという選択肢もあります。
その場合は、住宅ローン以外の債務(借金等)をまとめて整理することが可能です。
その他の支払いも含めて、返済が不可能な時にはこの方法が有効です。
ただし、自己破産にはその後の制限や誰かに迷惑をかけていることも考えられますので、慎重に選択してください。

住宅ローンが支払えなくなる前にご相談を!

今月分、来月分は支払えるけどその先が見えない!
今月は何とか支払えた。
そんな状態になりそうだったら先ずはご相談ください。
住宅ローンに縛られて苦しい思いをするのは本末転倒です。
手に入れて住宅と言う資産があるんですから、出来る限り有効活用してこの急場をしのぎましょう。
苦しくなる前に、滞納する前に是非ご相談ください。