BLOG ブログ

住宅ローンの支払い相談 増加

「住宅ローンが支払えなくなりそう」 ご相談増加

新型コロナウィルスの影響により、失業や収入の減少で住宅ローンの支払いが出来なくなりそう、出来なくなった等ご相談が急激に増えてきています。
3月から外出自粛や営業自粛で、既に3か月以上経過し、困窮した状態が続いている皆様から、色々な心配な声を頂戴しています。
ここでは、本当に住宅ローンの支払いが出来なくなってしまったときにどうするべきかの一例をご紹介いたします。

コロナ前の水準の収入に戻る可能性は?いつ頃?

あと数か月あれば今まで通り仕事ができる、もう少しで収入が回復する、再就職が決まったから2か月後には今まで通りに戻る等、もう少しの我慢と辛抱で何とか難局を乗り越えられそうな状況の場合。あくまでも一時的に住宅ローンの支払いが困難な場合は、今すぐ借入先の金融機関にご相談してください。
現在、各金融機関ではリスケジュール(毎月の支払スケジュールの見直し)の相談を寛容に受け入れてくれます。
「半年間利息だけの支払いにして欲しい」「ボーナス払いをスキップして欲しい」「毎月の支払いを1年間半額にしたい」等々、皆様の無理のない支払方法を金融機関側に相談してみてください。きっと良い方法を金融機関担当者も模索してくれることでしょう。
ただし、一つ気を付けなくてはいけないのは、支払いの猶予をもらっただけであり、支払いが免除されたわけではないのでご注意ください。一般的にリスケジュールすると支払期間が延びる傾向にありますので、詳しくは金融機関担当者とご相談ください。

収入減や失業期間が長くなりそうな場合

収入減や失業で住宅ローンの返済が困難な機関が長くなりそうな場合は、根本的な解決が必要です!
根本的な解決とは、住宅に関する出費の削減です。
その為には家の売却やリースバックの方法があります。
そこで問題なのが、家を売却して住宅ローンがなくなるのかそれとも残ってしまうのか。
家を売却しても住宅ローンが残ってしまっては、自己破産しない限りその残額の支払いは続きます。
先ずは、住宅ローンの残高と今の自宅が確実に売却できる価格を把握することから始めましょう。
ご自宅の査定額は不動産業者によってバラバラです。
査定額はバラバラでも、売却できる価格には大差はありません。
査定額は何の責任もないただの査定額という事をご理解ください。

自宅売却で住宅ローンが一括返済できる場合

売却金額で一括返済が出来る場合、もしくは最初から住宅ローンがない場合は、何の問題なく売却活動が開始できます。
販売期間が許されるならば、相場より少し高値で売却を開始することも可能です。
もう少し余裕がある場合は、いくら以上で売却したいからと不動産業者に相談するのも良いと思います。

自宅売却で住宅ローンが一括返済できない場合

ご自宅を売却しても住宅ローンが残ってしまう場合をオーバーローンと言います。
この場合は債権者(金融機等)の承諾なしで売却を進めることは出来ません。
住宅ローンを借りる際に、金融機関はご自宅に抵当権を設定しております。この抵当権を抹消しないと不動産売買を実行することが出来ません。
その為に、住宅ローンが完済できない金額で売却をしても良いか、その金額で売却しても抵当権を抹消してくれるか等を金融機関側と交渉する必要がございます。
一般的にこの売却方法をに「任意売却」と呼んでいます。
この任意売却で売却しても残債務(返済しきれないローン住宅ローン)が残りますが、この残債務に関しては金融機関側との話し合いで返済額を決める事が出来ます。
任意売却をすることで毎月の返済額を下げる事が出来て、新しい道を進むことができる可能性が増えるのでとても良い方法だと思います。

残債務(任意売却した後の残った住宅ローン)も支払えない場合

任意売却した後の残ってしまった住宅ローンの返済も困難な場合は、自己破産の手続きも可能です。
自己破産することにより、一般的には債務の返済義務はなくなります。
その他制限がつく場合がありますが、ご相談いただければ詳しくご説明いたします。
その他の債務(借金等)も含めて全て整理することが可能ですので、新たな人生に進むための方法としてよい手段だと考えられます。
一般的に自己破産=競売のイメージですが、競売は売却の主導権が全て破産管財人になります。
また、世の中には競売物件の近隣に営業したりする不動産業者もいたして、必ずと言ってよいほど近所にうわさが広がり住みにくくなってしまいます。
最後まで自分で主導権を握り売却できるのが任意売却ですので、無条件で競売を待つよりかは任意売却をお勧めいたします。