BLOG ブログ

新型コロナで住宅ローンの支払いが遅れそう・・・

新型コロナの影響で収入が激減・・。住宅ローンの支払いが心配。

新型コロナの影響が拡大し、自宅待機が増え収入が激減。住宅ローンの支払いが心配と言うご相談が増えています。
今後の状況に不安を感じている方々に、住宅ローンの支払いが難しくなってきたときの対象法をお伝えします。

新型コロナが住宅ローンの支払いに影響

今後、新型コロナの感染がより拡大した際には以下のような状況が考えられます。
・外出自粛や規制により、業績の悪化や仕事量の激減
・業務自粛や営業中止による収入減
・ボーナスや残業代のカット
・会社の業績悪化による倒産・解雇
・就職先やバイト先の募集が減り、働けない状態が続く 等々
今回のコロナウィルスの影響は、特にサービス業に対して厳しい状況が予想されます。
外食産業や飲食業などは特に外出規制の影響を受けると考えられます。
その他の業種でも、会社の業績悪化により収入が減り住宅ローンの支払い等が難しくなっていく方々が今後はより増える事が予想されます。

住宅ローンが支払えなくなったら

収入が減り、支払えなくなるのは住宅ローンや家賃がまず先に考えられます。
今回の新型コロナの影響による収入減は、国や都道府県から様々な支援策が検討され実施されています。
住宅ローンについても、金融庁から各金融機関に対して迅速かつ柔軟な対応するようにお達しが出ています。
先ずは金融機関に相談されてみることが一番です。きっと親身に相談に乗ってくれることでしょう。
さらに様々な助成金も用意され始めているので、調べてみる価値はありそうです。

住宅ローンが支払えない時

先ずは、金融機関に相談する事。
そこで毎月の返済スケジュールの見直しや支払い猶予期間の相談をしてください。
1年間のボーナス払いの延期や、半年間利息だけの支払い、月々の返済額の減額等、皆様の状況に沿った支払い方法を相談してみましょう。
ただし、注意しなくてはいけない事は、上記のようなリスケジュールをしたとしても、住宅ローンの支払いが免除されるわけではありません。
結果的に支払期間が長くなったり、総返済額が増えたりする可能性もあるのでご注意ください。

住宅ローンが支払えない時に家を手放す

住宅ローンが支払えない時にリスケジュールの次に考えられるのが、家を手放すことです。
住宅ローンが支払えないなら家を売って出ていかなくてはいけないと考える事もあるでしょう。
その時に気を付けなくてはいけないのは、家を売ったら住宅ローンがなくなるのか、それとも残ってしまうのか。
住宅ローンの残債と住宅の売却価格がとても重要になってきます。
少しでも売却の可能性がある場合には、先ずは不動産屋へ査定を依頼することをお勧めいたします。
ただ、3か月以内に売れると思える価格で査定をご依頼ください。
そうしないと、売物件が欲しい不動産業者が夢のような査定額を提示してくる場合がありますのでご注意ください。

住宅ローンが払えないけど今の家に住み続けたい

最近はCMでも宣伝がはじまりました「リースバック」と言う方法が一般的になってきました。
家を売って、その売った家を賃貸で借りるという画期的なシステムです。
自分の住み慣れた家に住み続けたい場合には最適ですのでご検討ください。
但し、一般のお客様に向けての売却価格や不動産会社の買取価格よりよすくなってしまう事が多々ありますので、様々な売却価格と比較されても良いかと思います。